MENU

ヘアリプロの薬用スカルプシャンプーを使用したシャンプー方法とは

ヘアリプロのシャンプー、コンディショナーはどう使えば良いのでしょうか?
なるべく効果的に使いたいものですが、自然と使ううちに髪の毛が元気になっていくという優れものでもあります。
そんなスカルプシャンプーを使ったシャンプー法はどんな感じになるのでしょうか?

 

・指の腹でしっかり洗う

 

まずヘアリプロのシャンプーには皮脂を浮かせる作用があり、皮脂への分解度がかなり高くなっていますから、指の腹を使ってしっかり毛穴から皮脂を揉みだすように洗い上げます。
マッサージするように頭皮を持ち上げたりゆすったりするのもよいでしょう。
シャンプーの前の湯洗いも徹底しましょう。
頭皮までしっかりお湯を感じ、汚れを流すようにします。
実際、湯洗いで殆どの汚れは流れていきますから、後に残るのは皮脂となります。
その後、すすぎ残しがないようにしっかりシャワーで流します。
自分がしっかり流したなと思っても、実はシャンプーはけっこう髪の毛の間などに入り込んでいますから、おおよそ目安は3分程度すすぎに費やしたいものです。

 

・マッサージを習得せよ!

 

頭皮マッサージをしたことがないという薄毛予備軍の男性は、まずはシャンプーでのマッサージを習得するべきでしょう。
このマッサージにより皮脂が毛穴から浮いてきますから、そこでシャンプー剤が皮脂を溶解していきます。
マッサージは頭皮に適度な刺激を与えるだけでなく、汚れを揉みだすこともできるのです。
指の腹全体で頭皮を持ち、そのまま持ち上げるように左右にゆすります。
その後5本の指でしっかりほぐします。
硬くなっている頭皮などは特に揉んだときに動かないことが多いです。
ストレスや緊張、疲れのせいで頭皮が固まっている状態なのです。
それをほぐすようにじっくりマッサージをして、シャンプーをしましょう。
シャンプーは爽快感溢れるメントールの香りがしますから、自然と気持ちよくマッサージを行うことができます。
シャンプーの方法自体は簡単ですので、マッサージの仕方も覚えておきましょう。

洗った後にボリュームアップ感を与えるヘアリプロのコンディショナー

髪の毛に潤い、そしてしなやかさを欲しい人やニオイが気になる人、頭皮環境があまりよくない人はヘアリプロのコンディショナーを使ってヘアケアしましょう。
スカルプシャンプーとラインで使うことにより、萎縮している髪の毛が堂々と生えてきて、ボリュームアップすることができます。

 

・ハリやコシ、ツヤを与えてボリュームアップ

 

弱った髪の毛にインナーケア、そして外側からもケアできる成分が配合されているコンディショナーでボリュームアップを図りましょう。
年齢よってダメージヘアになってしまった髪のコシを取り戻すセラキュートVという成分が配合されています。
抗酸化作用が高いウメ果実エキスが配合されていますから、年齢を感じさせないヘアスタイルに決めることができます。
髪の毛のツヤに関していえばポリリジン10%溶液というものが作用しており、いい感じにツヤ感を出してくれます。
コンディショナーは傷んだキューティクルの隙間から中に入り込み、しっとりと保湿、外側もイキイキとした髪の毛に仕上げます。

 

・6種の天然油で保湿、11種類のアミノ酸で修復!

 

シャンプーで頭皮をしっかり洗い上げると、余分な皮脂をしっかり除去することができます。
しかしそのままだと乾燥頭皮になりがちなので、コンディショナーでケアしましょう。
ホホバ油、椿油、アボカド油、アーモンド油、硬化油、スクワランなどの天然オイルにより適度な潤いを頭皮に与えてくれますから頭皮環境がしっとり滑らかになります。
さらに皮膚バリアを活性化するために20種類のアミノ酸を補給しています。
アミノ酸自体、毛髪の修復に取り組んでくれますので健全な頭皮環境、そしてコシとハリのある毛髪を手に入れることができます。
気になる頭皮ニキビやニオイ、紫外線ダメージにもウメ果実エキスやサルビアエキス、珈琲エキスの3つのパワーで育毛するのに適切な頭皮を守ります。
シャンプーも同じくコンディショナーには様々な天然成分が配合されていますから、天然由来の髪の毛と頭皮に優しい成分でしっかり頭皮ケアをすることが可能です。